心で応える著名な銀行

地元神奈川に存在感を示す神奈川銀行

神奈川銀行の保険商品

神奈川銀行では提携保険会社の募集代理店として、万一の場合に備えるための保険や老後資金の準備のための保険商品を紹介しています。代理店業務として商品の内容の説明や募集を行っていますが、契約は各保険会社となります。

終身保険や医療保険は、死亡や重度障害を負った時に給付金が受けられ、病気やけがのための治療や入院費用の準備ができる商品です。終身保険は保障が一生涯続きます。死亡保険金は家族に残せますし、解約返戻金を老後の生活資金にすることもでき、保障と貯蓄の両方がカバーできる保険です。医療保険は入院給付金と手術給付金が基本となり、通院給付金や三大疾病特約など様々な特約があります。神奈川銀行が取扱っているアフラックの医療保険には、持病や既往症があるなど健康に不安がある方でも申込みできる商品が用意されています。

医療保険の中でも「がん保険」は入院日数も長く費用の負担も大きいガンに特化した保険です。入院や手術に対する給付金の他、がん診断給付金や乳がんや子宮がんなど女性特有のがんへの特約を付けた商品が多くあります。

変額保険や個人年金保険、個人型確定拠出年金などは、万一に備えるだけなく資産運用や貯蓄もできる保険商品です。変額保険は死亡や高度障害への最低限度額を保証しながら、保険料を株式や債券などで積極的に運用する商品です。運用の結果によっては解約返戻金や満期保険金が増減します。また、個人型確定拠出年金も自分で積立てて自分で投資信託や定期預金などで運用し、公的年金に上乗せできます。掛金や運用益も非課税となるのがメリットです。

また個人年金保険は保険金の積立てにより、セカンドライフへの準備ができる商品です。払込方法には一時払や平準払があり、受け取り方法も終身年金や確定年金など3タイプあります。神奈川銀行で紹介しているのは、金利の高い外貨で運用する指定通貨建の商品です。外貨建で運用した場合、円建よりも受取額が有利になることがありますが、為替レートの変動によるリスクがあります。