心で応える著名な銀行

地元神奈川に存在感を示す神奈川銀行

神奈川銀行の投資信託

これまで日本では投資は「ギャンブル」のイメージが強く、貯畜のほうが安心で確実と思われがちでした。しかし長引く銀行預金の低金利や、少子高齢化(注 https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/14.html)による公的年金体制への不安から、将来への資金に不安を感じている人は少なくありません。

このような状況を背景に、自力での資産形成や運用への関心が高まっており、中でも経験が無くても始められる投資信託の人気は高くなっています。投資信託は多くの投資家から集めた資金を一つにまとめ、投信会社など運用会社のプロが投資を行い、その利益を分配する商品です。神奈川銀行は投資信託の販売や口座の管理、分配金の支払いなどを行い、お客さまの相談にも乗る窓口となります。

通常、株式や債券への投資はまとまった資金が必要ですが、投資信託は一人ひとりは少ない金額でファンドの購入ができるのが大きな特徴です。そして知識も経験も豊かな専門家が証券市場などの状況を判断し、国内外の債券や株式などに分散投資でリスクを抑えながら運用してくれるので、深い知識が無くても安心です。

ただし投資信託は預金商品とは違い、元本の保証はなく運用状況によって元本割れが生じることもあります。また、購入時の手数料や運用管理費、税金なども掛かる商品であることは知っておく必要があります。しかし2014年、日本政府は預金に偏りがちだった個人資産をより投資に振り向けて経済を活性化させる目的で、少額投資非課税制度「NISA」の導入を開始しました。NISAは投資信託などによって発生した収益を、一定額非課税にする制度です。

神奈川銀行ではNISA以外にも「ジュニアNISA」や「つみたてNISA」の取扱いを開始し、「投信自動積立サービス」も行っています。預金口座から毎月自動振替により、指定の投資信託を指定額買い付けるサービスです。月々1万円から購入でき、手続き終了後は自動で購入していくので来店する必要や買いすぎ・買忘れの心配もありません。コツコツと無理なく長期に資産形成を続けることができるサービスです。