心で応える著名な銀行

心で応える西日本シティ銀行

西日本シティ銀行の社会貢献活動

西日本シティ銀行は、豊かな地域社会づくりに取り組んでいる銀行の社会貢献活動として、地元の歴史や文化への理解を深める啓蒙活動を行っています。

ふるさと歴史シリーズ「博多に強くなろう」「北九州に強くなろう」は、博多・北九州にゆかりの人物や歴史をとりあげた広報誌で、地元の歴史家との対談形式でわかりやすく解説しています。銀行の本・支店で無料配布されている「九州流」は、九州の歴史や文化、アジアとの交流などを新たにグローバルな視点から見直した「新ふるさと発見誌」です。

また地元テレビ局と共同で「豪快で、進んで新しいことに挑戦する」といわれる九州人魂を掘り下げて紹介する番組「発見!九州スピリット」や、ドキュメンタリー「志、情熱企業」を製作放送し、地元の企業を応援しています。

西日本シティ銀行ホームページの「アジアへの扉」は、海外ビジネスに取り組む地元企業を応援するサイトです。地図上の国名をクリックすると、その国への進出をサポートしてくれる企業の一覧がでてきます。アジアビジネスに関する各種サービスや情報の提供の他、ビジネスに関する相談を受け付け、専門家とともに課題を解決するための窓口となっています。

創立40周年記念事業の一環として「公益財団法人西日本国際財団」(注 www.nnk-foundation.jp/)を設立し、国際交流にも力を入れています。アジアと九州・沖縄・山口の交流を支援し、国を超えての相互理解や人材育成に取り組んでいます。この基金は西日本シティ銀行が全額を負担しました。

アジアの発展途上の国の水関連プロジェクトを支援するために、アジア開発銀行(注 www.adb.org/ja/japan/main)が発行する債券「ウォーター・ボンド」への投資を行いました。九州の地方銀行としては初めてです。また、西日本シティ銀行は「投資を通じて貧困や環境など社会的な課題の解決に社会貢献している金融機関」として、大和証券のホームページに掲載されました。

また、環境経営に積極的に取組む地元の企業を応援するため平成25年10月より「環境格付融資」の取り扱いを始め、融資を通じた環境配慮への取組みを強化しています。