心で応える著名な銀行

独自性発揮に向けた変革を進める栃木銀行

栃木銀行の資産運用商品

現在の銀行預金は低金利状態が続いたままで、定期預金等の預金商品でお金を増やすのは難しい状況です。また、公的金利年金だけでは老後資金に不安を抱える人も多いのが現状です。そこで預金や年金に頼るだけでなく、自分で積極的に資産を形成し運用することを考えている方も少なくありません。それらの方々に向けて、栃木銀行では預金商品の他にも投資信託や外貨預金、国債、などの資産運用に適した商品を用意しています。

数ある資産運用商品の中でも投資信託は、比較的初心者でもスタートしやすい投資商品と言われています。投資信託は、投資家から預かったお金を栃木銀行と提携している投資信託委託会社の資産運用のプロが投資運用します。株式や債券など世界の様々な投資商品にバランスよく分散して投資し、その運用成果を投資した人に返す仕組みです。栃木銀行は投資信託委託会社の窓口として、申込みやファンドの紹介、販売を行っています。栃木銀行の投資信託は1万円から始められ、取扱うファンドは国内債券や国内株式、海外債券や海外株式、不動産投資信託など豊富です。さらに「NISA」や「つみたてNISA」などの「少額投資非課税制度」を利用すれば、分配金や売却益にかかる税金が非課税になります。

また栃木銀行にはインターネットで投資信託の取引ができる「とちぎん投信ダイレクト」があります。栃木銀行の窓口に行かなくてもいつでも好きな時にパソコンやスマートフォンから申込みや投資信託の購入、保有投資信託の残高や総合損益の照会などができるのでとても便利です。そして、窓口よりも安く1000円以上1000円単位で購入でき、申込手数料も店頭よりも割引になるなど、お得な点がたくさんあります。また「とちぎん投資信託自動積立サービス」もインターネットからの申込みができます。預金口座から毎月一定額の自動引落しで指定した銘柄を購入するので、まとまった資金が無くても投資が始められます。このサービスを利用すれば、高値の時の買い過ぎや、安値の時の買い損ねを避けることができ、購入単価を平準化させることができます。