心で応える著名な銀行

地元千葉県民に愛されている千葉興業銀行

千葉興業銀行の地域貢献活動

千葉興業銀行は地元千葉県のお客様に質の高いサービスや金融商品を提供している地方銀行です。支店は東京に1店舗ある以外はすべて千葉県内にあり、まさしく地域に深く根差した金融機関として、地域貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

ちば興銀は地元千葉の中小企業育成に取組んでいます。総合経済紙「フジサンケイ ビジネスアイ」と共催で「千葉元気印企業大賞」を実施し、新技術や新製品を開発したり、ユニークな経営で実績を上げている企業や環境問題に積極的に取り組んでいる中小企業やベンチャー企業を表彰し、千葉県産業界の発展を支援しています。

千葉興業銀行では次世代育成のためにも様々な取組みを行っています。次世代を担う子ども達の成長と子育て家庭の支援を目的としてメットライフアリコ生命株式会社と「共同社会貢献プログラム」を実施し、「千葉県安心こども基金」へ寄付金を贈呈して、千葉県が行っている子育て応援事業を支援しています。

千葉興業銀行と千葉銀行は県内の高校生を対象に、共同で「エコノミクス甲子園千葉大会」を開催しています。金融・経済について学んでもらう金融経済教育の普及を目的としたクイズイベントです。平成26年には東京で行われる全国大会でも千葉県勢が優勝し、副賞としてニューヨーク研修旅行が贈呈されました。

プロ野球千葉ロッテマリーンズ協力のもと、小学生に毎年夏休みにお金に関する体験学習講座「サマーキッズスクール」を開催しています。昨年はQVCマリンフィールドでお金に関する講義を聞いた後、ちば興銀行員と一緒に試合プログラムを販売する実際のしごと体験を行いました。参加者には千葉ロッテマリーンズ観戦チケットがプレゼントされます。

また、ちば興銀全店では地域の小・中学校生対象に職場見学を受け入れています。また県内の大学・短大生を中心に、就業体験をするインターンシップも実施しています。実際にその業界の内部を知ることで、社会人として必要なスキルや能力が把握できますし就職活動の際にも役に立ちます。